最近ではよくリズム系のネタが大きいブームとなり、大きく話題になる傾向が増えてきていますね。

 

例えば最近ではユーチューブが火付けとなり、ラッスンゴレライという意味の分からないリズムが流行っています。

 

これらの火付けは子供ということになるのですが、子供が覚えて、家で頻繁にいい大人が知っていくという構造が出来上がっているのではないでしょうか。

 

だいたいが子供に向けて作られたいるものはリズムが単調で覚えやすいものが非常に多いですよね。

 

例えば、妖怪ウォッチの歌なんかも非常に覚えやすく子供がよく歌っていたところから大人も聞くようになって行くと言うことになっています。

 

やっぱり子供の方が素直に飛びついて食いつきやすい、、いいもの 悪いものがはっきりとわかるということなのでしょうか。

 

ただ、こうしたリズム系のネタは寿命が短いのも特徴としてあります。やはり、子供は成長が早く非常に飽きっぽいですからね。

 

ラッスンゴレライの若者二人もいきなり売れてしまったばかりに、何のトークの実力もつけずに上がってしまったオリラジや藤崎マーケットのような運命をたどることは目に見えているのですが、ここで彼らが実力の無さに気づいて行けばいいものの そういうわけにはいかないのでしょう。

 

ある意味ヒット曲と同じようなものでしょうか。宝くじのような。

 

短命の内に種をまいておくことが賢い選択なのでしょう。