テレビを始めとするマスコミは様々な流行語をまるでそれが一般的に通用する語句であるかのように広める事があります。
しかしその中には本来ネット等で作られてきた意味合いや使われ方とは違った物も多くあります。
例えば「キラキラネーム」です。
子供に独特の漢字を使ったり本来の読み方と違う読みを当ててオリジナリティを出した名前の事ですが、これは元々ネットで「DQNネーム」と呼ばれていました。
「DQN」はドキュンと読み、一言で言えば不良やヤンキーの事です。
つまるところ、DQNネームとはそういう人間が好みそうな命名法だというネット独特の揶揄の混ざった言葉であったものをマスコミが「他の子と同じ名前は格好悪い。

 

子供の事を考える親は他の子と被らない独自の発想で格好いい名前をつけるべきだ」という風潮を促す為にDQNネームをキラキラネームという改変を行って広めてしまったのです。

 

キラキラネームの是非について世の中の親になる人にはよく考えてもらいたいと思います。