あなたは職を探す際にネット求人誌を活用するか、それともハローワークを活用するか、どちらでしょうか。

実は今この求人に関してとんでもない情報が流れてきているのです。

 

それが求人票の4割は嘘だ!ということです。

 

ある採用担当者の意見「嘘を書かないと人が集まらないもん」

 

とある会合で採用担当者と言われる人から意見を聞く機会があった、見た目はいかにもサラリーマンです!と言わんばかりの風貌と対応力である。

 

採用担当者として求人誌に広告を出す以上、一定の反応が取れなければならないわけだ。その中でどの企業も他社よりも高待遇を打ち出さなければ人は集まってはくれない。

 

やはり、条件がよい人ほどより高待遇の企業に勤めようとするから仕方がないことなのだから多少は仕方がないことなのだろう。

 

その中でも誰もが許せないのが給与面であると思う。給与が月給20万円もらえるかもらえないかが就職しても良いかどうかの差だとは思うが、実際に支給される給与で愕然とさせられるケースもあるようだ。

意味の分からない項目代が天引きされている。。

 

休憩時間が1時間のはずなのに、なぜか2時間分引かれるケースもある

普通なら1日8時間労働で休憩1時間なら1時間分の休憩代金が差し引かれるのは納得がいくところだろう。ところが、

労基法を遵守していないことが多い中小企業の中には2時間分も天引きしている企業もあるそうだ。

当然違法なわけだが、働いている人もそこで失職すると次がないという状況に追い込まれている以上納得しなければならないと思い込んでしまっている

 

あきらかに嘘だ!と苦情が絶えないハロワ―ク

採用されて実際に就職した後に理不尽な要求とサービス残業を永遠にさせられたあげくに全て見込み残業として処理されてしまい、残業代がつかないケースがたくさんあるようだ。特に営業系の会社に多いようで、条約も取れていないのに休みとか定時上がりなどできるはずがないだろうと洗脳されている人がいる。

そして結局営業件数が取れずに試用期間で打ち切りとなった人がおさまらぬ怒りを胸にハロワ―クへ苦情申し立てをしに行くわけである。

残念ながらこれはご自身の認識不足が招いた結果と言わざるを得ない。なぜなら、ハローワーク求人の過半数以上は嘘情報が書かれているといわれているからである。

ハロワ―クは広告費もかからず無料で求人募集ができるということでお金がない中小企業を中心に活用されている場所であるが、そのような会社が条件通りの高待遇を出せると思いますか?

どうして創業1年、2年の企業が週休2日で実働8時間で年収400万円も出せるというのか、それはあくまであなたが会社にもたらした利益に対する還元の目安に過ぎないということです。それを物語っているようにハロワ―クでは職歴を持たない人の採用はほぼされない。されるとしたら、年齢が20歳そこそこで、言うことを素直に聞いてくれそうなヤツだけである。

 

仕事に対する甘い理想は捨てて、もっと現実を見た方がいいかもしれない